2006年12月29日

愛内里菜ちゃんの通販詐欺遭遇について(酔)

昨日、ニッポン放送の「ヤンピース」を聴いてたら、ゲストで愛内里菜ちゃんが出てました。

スカパーの「ミュージック272」見れてたときは、毎週、愛内ちゃんの番組を観てたので、なんだか、なつかしいなーと思いつつ聴いてたんですけど、愛内ちゃん、やっぱ、声かわいい。

声がかわいい女の子の関西弁って来るねー。ほんと、来る。

番組には来年元旦に発売する「薔薇が咲く 薔薇が散る」っていう曲のプロモーションで来てたみたいですけど、「今年印象に残ったもの」的なフリートークで、

「通販詐欺にあいかけた!」

って言ってた(かわいい声で)。

封書で代金が未納になってるから、いついつまでに振り込め的な内容で(振り込まないと法的手段に訴える内容で)送られてきたらしく、ふつー、そういう振り込め詐欺的なものを受け取っても、今では、

「ふーん、あ、そっ」

って、ゴミ箱直行だと思うんですけど、愛内ちゃん、かわいいから、確認のために警察に電話したって! すごー!

やっぱ、声はかわいいけど、ノリ的には関西のおばちゃん系なんだなと思いましたよ。

っていうか、愛内ちゃんはなかなかブレイクしきれてないし。っていうか、むしろ下火になってるし。きっと、こういう音楽の世界ってブレイクするには、運とタイミングが必要なんだろうなーと思いました。
posted by やすだ at 23:10 | Comment(0) | 音楽

2006年12月28日

ジョンリちゃんの面白動作と色仕掛けについて(しらふ)

ジョンリ(JYONGRI)っていう人の「ポゼション(Possession)」っていう曲のCMで、なんか、私キーボード弾けますよ的に、鍵盤をこっちに向けて、弾くふりしながら歌ってますけど、あれ、なに?

って、CMっていうかPVなんですけど、とりあえず、その面白動作は抜きにして、すんごい美形の人なので、ウェブで検索してみると、なんていうか、PVだと美人に映ってるけど、公式ホームページを見る限り、そうでもない感じ(失礼)。

でも、なんか、このPV惹かれるんだよなー。なでかな? ちょっと、やらしい感じするからかな? ミニスカ姿でニーソックス風味のブーツ履いて、激しく腰をふりふりしながら、キーボード弾くふりして歌ってるんだもんな。反応しちゃいます。っていうか、どう考えても、あのキーボードの角度は弾きにくいよー。

あ、思い出した。CMの中で、1秒くらいなんですけど、「うっふん」的な色仕掛け的シーンがあるんですよ!

だから、頭にこびり付いてたんだよ、このCM。完全にCM製作スタッフ、PV制作スタッフの思う壺にはまりました。

公式ホームページに置いてある、試聴PVを何度も今再生して見てるんですけど、色仕掛けうっふんシーンがない! そこが重要なのに! って、重要だから見せないようにしてるんだな。うーん、なんだか、製作サイドに常に先回りされてる感じ。

やー、やっぱりPVの中のジョンリちゃんはキレイな感じだなー。あ、よく見ると視聴PVの中でもちらっとウィンクしてるよ!(00:27付近) なんか、やっぱり誘ってるよ!
posted by やすだ at 16:58 | Comment(0) | ジョンリ

2006年12月25日

オンライン試写で「幸福な食卓」観れたー(酔醒め中)

昨日、オンライン試写で「幸福な食卓」を観ました。

「虫さされ跡にモロコシ!」の北乃きい(きたのきい)ちゃん主演の映画なんですけど、「ユビサキから世界を」の続きかと思えるほど、低テンションの映画でしたよ。初めから最後まで低テンション。

そんな低テンションの中、「さくら」ちゃんがいい味出してました。そんなにシュークリームに卵の殻を入れるなよ!とか思いつつ観てました。6個中4個って入れすぎだから。

思ったんですけど、鶏のガブリエル?は助かって良かったですけど、最近の邦画はとにかく人が死にすぎ。

映画観てて、幸せ気分のシーンが続くと「この後、この人、死なないよな? 死なないよな? 大丈夫だよな?」って観てる自分に気付かされました。そういう視点で見てたら、案の定、身近な人死ぬし。死にすぎだよ!

「ユビサキから世界を」より「救い」がある映画ですし、きいちゃんの笑顔かわいいですし、キスシーンありますし(遠めからのショットですけど)、見終わった後は、がんばって生きていかなきゃみたいな気分にさせてくれる映画なので、嫌いじゃないけど、なんか、脚本(セリフまわし?)がしっくり来ない。なんでかな?

北乃きいちゃん、横須賀出身だから、応援しなきゃ、というか応援したい!とか思ってるんですけど、なんていうか、もっと明るい映画に出て欲しいわ。なんで、こういうアンニュイな映画ばかり続くのかな。CMのモロコシ体操的な映画(どんな映画?)に出て欲しいわ。

今日、ニュージックソン聴いてたら、きいちゃんが「映画の宣伝+募金活動」のために出演してた。そしたら、うえちゃん(うえやなぎまさひこアナウンサー)が

「いい映画でしよー」

ってきいちゃんの後押ししてた。うえちゃん、いい人だな。
posted by やすだ at 01:31 | Comment(2) | 映画

2006年12月15日

流星花園 - 牧野つくし役の女優さんがかわいすぎる(酔)

今、連日TBSの深夜にやってる台湾ドラマ「流星花園(りゅうせいはなぞの)」超面白ーい! というか、牧野つくし役の女優さん、超かわいいし、美人。なんなの、あのかわいさは。というか、誰?

って、台湾の女優さんなんだろうけど、かわいすぎる。うなじとか超そそるし、声とかも超かわいい。声は声優さんの声ですけども。

「花より男子(はなよりだんご)」って漫画、名前は聞いたことあったけど、どうせ、女の子向けの話なんだろうなって思ってたけど、流星花園はおっさんが見てもふつーに面白い。

確かに夢見る女の子向けの話ではあるけど、自分の中に入ってる人はけっこう、夢見る女の子的なところがあるので、このドラマ観ると、キュンとなります。

牧野っちもかわいいですけど、道明寺(どうみょうじ)の許婚(いいなずけ)として登場してきた天真爛漫な女性も超美人! 台湾にこんなキレイな女性いましたか。そうですか。

しかも、道明寺への想いが純粋すぎて、見てて心が痛い。道明寺ももっと、許婚の女の子かまってあげればいいのに。

確かに牧野つくし役の女の子は魅力的ですけど、許婚の女性も、牧野っちとは違って、キレイ系なんだから、なんていうか、あんな別荘でおっぱい見せて迫されて、かつ、馬乗りになっても、何もしないって、そんなのひどすぎるから!

ってか、ふつー、なんかしちゃうから!

やー、いいよ、流星花園(酔)。
posted by やすだ at 01:33 | Comment(0) | ドラマ