2008年02月28日

愛ちゃんのさぁ!を観察してみる(しらふ)

昨日の世界卓球のフランス戦で、愛ちゃん(福原愛ちゃん)の「さぁー」を観察してみたんですけど、

  1. ノーマルさぁー!(連呼型さぁー!)


  2. シングルさぁー!


  3. サイレントさぁー!(ごめん型さぁー!)


  4. やったら(?)さぁー!(接頭語付きさぁー!)

の4パターンぐらい確認できました。

「ノーマルさぁー!」は「さぁー! さぁ」って2回さぁを言う(2回目は1回目より弱く言う)一番多いパターンで、攻撃がカチっとはまったパターンに多く見られ、一番よく見られる「さぁ!」。

次の「シングルさぁー!」は、「さぁ!」を1回しか言わないパターンで、相手がミスして得点になったときなどに多く見られる。卓球の球を拾いに行きつつ「さぁ!」というパターンもある。

3つ目の「サイレントさぁー!」は、球がネットにかかって方向が変わって得点になったときや、卓球台の縁に当たって得点になったときなどのラッキーな得点の場合、相手に向かって「さぁ!」ということが失礼に当たるため、この「サイレントさぁー!」が用いられる(「さぁ!」のポーズなんだけど声には出さない、もしくは口の動きは「さぁ!」なんだけど声には出さない)。

4つ目の「やったら(?)さぁー!」は昨日初めて見たんですけど、もっすごく良いショットが決まったときなど、気分が乗ってるときに「やったら」などと、「さぁ!」の前に何か接頭語的なものを付けて、相手を威嚇する。・・・みたいですけど、何て言ってるのかよく分からない。中国語?

【追記】2008/03/02 17:02

シンガポールに0勝3敗で負けてしまって、もっすごくションボリしてしまいました。シンガポール強すぎ。背の高い女の子(シンガポール)、ピン留めしすぎ。

でも、3位(4位?)だから、すごいことなんだろうな。
posted by やすだ at 19:00 | Comment(0) | 卓球

2008年02月27日

世界卓球でもらい泣き(しらふ)

世界卓球、面白ー。

2勝2敗、かつ、フルゲーム(2-2)、かつ、デュース(10-10)の瞬間は観てる側がガクガクしました。

第5試合の第1ゲームの0-7のところまでは、完全に日本の負けの流れができてたのに、それを

「さぁー!」

で、勝ちにつなげちゃう愛ちゃん。

ホント、第5試合、愛ちゃん(福原愛ちゃん)勝てて良かったわ。

試合後のインタビューで、愛ちゃんが、

「逃げ出したかった・・・ぐすん」

的に涙ぐむところで、「ああああえんいやー、もらい泣き〜」してしまいました。愛ちゃん、イイ!

これ、逆に対戦した韓国の人たちは

「なんなんだよ! あの、サァー女は! ムキー!」

ってなってんだろうな。

それと、日本チームの実質的なエースの平野早矢香ちゃんなんですけど、タイムがかかると、チームメンバーのところに来て、アドバイスを受けるんじゃなくて

「もっとレシーブを強気で打っていこうと思います、レシーブを、レシーブを、うんうん、相手のバック側をもっと攻めて、うんうん」

的に独り言みたいに、だーってしゃべって、監督とかコーチとかが

「うんうん、そうだね、平野っち、そうだよね」

的に相づちを打ってるだけなんですけど、あれ、正しいの? あのタイムの取り方は正しいの?

それだけ、平野ちゃんが試合に集中(没頭)してるってことなんだろうけど、全然アドバイス受けてないし、人の言うことを聞いてない感じ。
posted by やすだ at 21:19 | Comment(0) | 卓球

2008年02月26日

宮間ちゃんの髪型を観察しつつ、東アジア選手権(酔)

日本代表女子、東アジア選手権で優勝したー! やたー! すんごいうれしい!

しかも、MVPが澤ちゃんだし、得点王が大野ちゃん(大野忍ちゃん)だし、フェアプレー賞が日本! 日本が賞を独占! うれしー!

FIFAランク6位の北朝鮮は相変わらず、強かったですけど、韓国と中国は日本と差がありすぎ! 日本、パス回しうますぎ!

まじで男子より女子のほうが見てて面白い! 日本女子のサッカーは、キレイ。

3戦見て思いましたけど、北朝鮮は、やっぱ、うまい。でも、3-2で勝っちゃう日本!

北朝鮮戦で、ロスタイム終わりかけのときに澤ちゃんが北朝鮮ゴールに向かってふわーって蹴って

「ちょ、澤ちゃん、どこ蹴ってんの! まだあきらめちゃダメ!」

って、思ってたら、すとーんって落ちて、そのままゴール!

何、あのループシュート。澤ちゃん、かっこ良すぎ!

ところで、宮間ちゃん(宮間あやちゃん)は今、髪型ソバージュにしてんの?

北朝鮮戦のときに、

「あれ? 宮間ちゃん、髪型変えた? それとも雨のせい? どっち?」

って思ってたんですけど、韓国戦、中国戦と観察してみたところ、どうやら、髪型をソバージュっぽくパーマ?かけてるみたいでした。寝起きみたいな髪型というか(失礼)。

前までは、断然、大野ちゃん押しだったんですけど、今は、完全に宮間ちゃん推しです。

宮間ちゃんのあの正確なクロスとか見たら、ふつー惚れる! 超かっこいいよ! 宮間ちゃん! しかも、あの寝起きのような髪型で、超ちっちゃい! 超ちっちゃいのに、超寝起きみたいなのに、超サッカーうまい。惚れる。
posted by やすだ at 02:03 | Comment(0) | サッカー

2008年02月18日

眠気を抑えながら本郷奏多くんを待つシルク(しらふ)

本郷奏多くん目的で、「シルク」を観てみました。

本郷くんの最後が悲惨すぎる! なんであんな終わり方なの? 話が理解できないまま、本郷くんの青白い顔を見なければならなくなって

「本郷くん・・・なぜだ・・・」

って映画の登場人物以上に愕然としました(ストーリーが理解できていないので)。

情緒溢れる日本の昔の風景が美しく撮られてて、近くの席の外人さんが、

「オー、ビュリホ」

って言っちゃうくらい美しい映画なんですけど(特に日本の雪景色)、全然エンターテイメントしてないので、もっすごく退屈でした。眠気を抑えながら、本郷くんの登場を待つ感じ。

でも、日本の美女が露天風呂に入るシーンはズキューンってなりました。冒頭からそのシーンなんですけど、冒頭では湯煙とかでおっぱいが見えなくて、

「ちょ、見えないし! スモークたきすぎ!」

ってイラってしつつも、中盤の同じシーンではちゃんとおっぱいが見れて、

「おっぱいキター!」

ってなります。

映画の雰囲気とか全然伝わってないと思うんですけど、簡単に言うと、「日本に蚕(かいこ)の卵を買いに来る外人さん」の話です。

で、日本に来たら、美女が露天風呂に入ってたり、夜になると、違う女の人が

「いいのよ、抱いて!」

的に迫ってきて

「ちょ、日本良くない? ぶっちゃけ、日本良くない?」

ってなる話。・・・だと思いましたけども。

面白エピソード(自分の中で)としては、「日本語のセリフのときにも下に『日本語で』字幕が出るようになってた」ので(どういう意味があるんだろ?)、前述の近くの席の外人さんが、

「日本語で字幕出ても意味分かんないよ!」

って、(多分)言ってました。
posted by やすだ at 21:59 | Comment(0) | 映画