2016年01月13日

鞘師ちゃんが辞めちゃった理由(2) - お腹の肉のたぷたぷ(しらふ + 酔)

←(1)からの続き)ってか、「スカッとマイハート」のとき、なんで、こんな腹出し衣装にしたんだろう。鞘師ちゃんに対するいやがらせとしか思えない。

これじゃあ、鞘師ちゃんのメンタルが持たない!

・・・持たなかったから、辞めちゃったわけだけども。

鞘師ちゃんの卒業シングル(冷たい風と片思い / エンドレススカイ / ワンアンドオンリー)では、鞘師ちゃんのお腹の肉に配慮して、腹出し衣装ではなくなってます。

配慮、遅っ!

(※「エンドレススカイ」では、大半のメンバーが腹出し衣装なのに、鞘師ちゃん(9期全体?)は腹出し衣装じゃなくて、腹ガード衣装になってます。その他の曲も腹ガード衣装。)

今さらですけど、2015年の夏の全国同時握手会の抽選の動画(どのメンバーがどの県を回るのかの抽選会、MC:英語版の野中ちゃん)で、鞘師ちゃん本人がお腹の肉を気にして、抽選箱にわざと(衝突して)お腹をぶつけて、痛がるしぐさをしながら、お腹を手でさすって必死に隠すしぐさとか見たら・・・。

涙出てくる・・・。

なんで周りの友だちとか、メンバーは、

「・・・」(←黙り込む鞘師ちゃん)

「鞘師ちゃん、気にすることないよ!」

「私、太ってますヤシ・・・」

「そんなことないよー!」

「お腹、出てますヤシ・・・」

「そんなことないよー!」

「衣装にまで気を使われちゃったらおしまいヤシ・・・」

「そんなことないよー!」

って、言えなかったのかな・・・。

「そんなことないよー!」って、鞘師ちゃんに向かって大声で言いたい。

表向きは「ダンス留学」が辞めた理由になってますけど、この「お腹の肉のたぷたぷ」と、たぷたぷを指摘されることでやる気をどんどん無くしていって、精神的に病んだことが原因じゃないかと思ってます。

本当の理由は極近い人しか分からないだろうし、もしからしたら、(鞘師ちゃんの孤高の性格を考慮すると)本心を誰にも言ってない可能性もある。

本当に、気にしなくていいのにな。まだ、17歳なのに。ってか、17歳は、「アイドル適齢期」なのに。

でも、モーニング娘。のエースでセンターだから、重圧がすごかったんだろうな。

ってか、ズッキさんいるし。ズッキさんの影に隠れれば良かったし(二人羽織的な感じで)。

posted by やすだ at 07:45 | Comment(1) | ハロプロ

2016年01月12日

鞘師ちゃんが辞めちゃった理由(1) - 病みモード(しらふ + 酔)

鞘師ちゃん、辞めちゃったのか・・・。

すごい喪失感。

「スカッとマイハート」のときのお腹の肉がたぷたぷした画像がネットで出回ったりしてて、

「これ、本人が見たら傷付くだろうな・・・」

って思いつつ、逆に太ってても鞘師ちゃんはかわいいというか、少しくらいぷにぷにしてるほうが女性としてかわいいし、ってか思春期だから太るのは当たり前、鞘師ちゃんばっかり太ってるとか言われてかわいそう! 鞘師ちゃんは、元がやせてたからそう見えるだけで、一般レベルで言えば、むしろやせてるほう! 鞘師ちゃん、悪くない! 鞘師ちゃんは、モーニング娘。の絶対的エース!!

っていう思考を経て、それほど、気にしてなかったんですけども。

あー、この時期(スカッとマイハートの頃)、ズッキさんがダイエットに成功して、やせてた時期だから(今はリバウンドして元に戻ってますけど)、その対比で余計に、鞘師ちゃんが精神的ダメージを受けちゃったのか。

「ズッキがやせてるのに、なんで、エースが太ってんだよ!」

「ヤシ!?」

「エースの自覚を持てよ!」

「・・・ヤ、ヤシ」

って、握手会とかで説教厨に説教されちゃったのかな。それで、病みモードに突入。

2012年くらいから(「ワン・ツー・スリー」から)、AKB商法を取り入れて「握手会」をやり出したことの弊害が出たのかもしれない。握手会をやれば、売り上げが確実に伸びるけど、メンバーのメンタル・やる気が削がれるっていうパターン。

あ! 今、書きながら思いついたんですけど、握手会じゃなくて、「直筆サイン送付」(もしくは、直筆メッセージ送付)とかでいいんじゃないだろうか?(提案)

まあ、飽きそうだけども。

やっぱり、ファンは、アイドルの手をにぎにぎしたいのだろうか? いや、したいだろうし、実際に自分も握手会に参加したことがあるので(写真集の発売イベントのだけど)、気持ちは分かりますけど、そんなに頻繁にしたいものなんだろうか? 年に1回くらいで良くない?

CDの売り上げを伸ばしつつ、アイドルのメンタルを保つって、実はすごい難しいのかもしれない。

「握手会」って、ファンはアイドルとの距離が縮まったような気がしてうれしいだろうけども、アイドル本人たちは、

「いつも応援ありがとうございます!(あれ? こんなことしたくて、アイドルになったんじゃないヤシ・・・)

「えー? 本当ですかー? ありがとうございます!(あれ? なんで、私、こんなおっさんと握手してるんヤシ・・・)

「また、来てくださいね! 待ってますからね!(臭ヤシっ!)

「ってか、臭っ!(臭すぎヤシっ!)

って、ふと我に返る瞬間が確実にあって、これが、辞める(病める)結果になってるんだろうな(→(2)に続く)。
posted by やすだ at 00:54 | Comment(0) | ハロプロ