2016年01月12日

鞘師ちゃんが辞めちゃった理由(1) - 病みモード(しらふ + 酔)

鞘師ちゃん、辞めちゃったのか・・・。

すごい喪失感。

「スカッとマイハート」のときのお腹の肉がたぷたぷした画像がネットで出回ったりしてて、

「これ、本人が見たら傷付くだろうな・・・」

って思いつつ、逆に太ってても鞘師ちゃんはかわいいというか、少しくらいぷにぷにしてるほうが女性としてかわいいし、ってか思春期だから太るのは当たり前、鞘師ちゃんばっかり太ってるとか言われてかわいそう! 鞘師ちゃんは、元がやせてたからそう見えるだけで、一般レベルで言えば、むしろやせてるほう! 鞘師ちゃん、悪くない! 鞘師ちゃんは、モーニング娘。の絶対的エース!!

っていう思考を経て、それほど、気にしてなかったんですけども。

あー、この時期(スカッとマイハートの頃)、ズッキさんがダイエットに成功して、やせてた時期だから(今はリバウンドして元に戻ってますけど)、その対比で余計に、鞘師ちゃんが精神的ダメージを受けちゃったのか。

「ズッキがやせてるのに、なんで、エースが太ってんだよ!」

「ヤシ!?」

「エースの自覚を持てよ!」

「・・・ヤ、ヤシ」

って、握手会とかで説教厨に説教されちゃったのかな。それで、病みモードに突入。

2012年くらいから(「ワン・ツー・スリー」から)、AKB商法を取り入れて「握手会」をやり出したことの弊害が出たのかもしれない。握手会をやれば、売り上げが確実に伸びるけど、メンバーのメンタル・やる気が削がれるっていうパターン。

あ! 今、書きながら思いついたんですけど、握手会じゃなくて、「直筆サイン送付」(もしくは、直筆メッセージ送付)とかでいいんじゃないだろうか?(提案)

まあ、飽きそうだけども。

やっぱり、ファンは、アイドルの手をにぎにぎしたいのだろうか? いや、したいだろうし、実際に自分も握手会に参加したことがあるので(写真集の発売イベントのだけど)、気持ちは分かりますけど、そんなに頻繁にしたいものなんだろうか? 年に1回くらいで良くない?

CDの売り上げを伸ばしつつ、アイドルのメンタルを保つって、実はすごい難しいのかもしれない。

「握手会」って、ファンはアイドルとの距離が縮まったような気がしてうれしいだろうけども、アイドル本人たちは、

「いつも応援ありがとうございます!(あれ? こんなことしたくて、アイドルになったんじゃないヤシ・・・)

「えー? 本当ですかー? ありがとうございます!(あれ? なんで、私、こんなおっさんと握手してるんヤシ・・・)

「また、来てくださいね! 待ってますからね!(臭ヤシっ!)

「ってか、臭っ!(臭すぎヤシっ!)

って、ふと我に返る瞬間が確実にあって、これが、辞める(病める)結果になってるんだろうな(→(2)に続く)。
posted by やすだ at 00:54 | Comment(0) | ハロプロ