2013年07月06日

ストームシャドーつながりのバック2リベンジ(しらふ)

「G.I.ジョー バック2リベンジ」を観て来ました。

「G.I.ジョー」の一作目を映画館で観たにも関わらず、ストーリーが全く思い出せず、

「イビョンホンが日本人役なのおかしくない?」

っていう印象しかない軽い映画だったので、今回も、頭を使わずに観れると思い、観てみました。

結果、また、

「イビョンホンが日本人役なのおかしくない?」

っていう印象が残りました。

けど、山岳バトルの「黒忍者 VS イビョンホンの手下忍者」のシーンは、迫力があって、雪崩の中から、無事、黒忍者(スネークアイズ)がびょーん!って、出てきたときは、

「黒忍者ちゃん、無事! よしっ!」

って、映画の中の黒忍者妹(妹なの?)と同じくほっとしました。

それと、東京のシーンが、

高層ビルの中一室に日本庭園があって、その中で忍者たち(外人のおっさんたち)が修行してる

っていう、むちゃくちゃな日本観で表現されてて、冷めます。冷めますけど、外から見た日本って、(デフォルメしてコンパクトに表現すれば)こんな感じなんだろうなとも思えました。

映画を観終わって、エスカレーターを降りつつ、映画の内容(あんまりないけど)を振り返りつつも、ストームシャドーっていう名前に引っかかる。

「なんで、忍者なのに、『ストームシャドー』とかいう、かっこいい名前なんだろ?」

「もっと、分かりやすい名前のほうが良くない? 名前からして『忍者』って分かるような、ハットリ的な」

「ってか、ストームシャドーって、どういう意味よ・・・」

「?」

「!!」

ここで、はっ!とシックスセンスばりに驚きました。実は、自分はすでに死んでた!的な、後で気付かされる伏線の大回収。

嵐影(あらしかげ)かよ!

「嵐影」っていう忍者の流派?の名前を英語読みにしたのかよ!

映画の中で、忍者周りの人たちが「嵐影、嵐影」って言ってて、ふーんって気にも留めてなかったんですけど、ここで、まさかのストームシャドーつながり!

つながった! 何とつながったのかよく分からないけど、つながった!
posted by やすだ at 20:08 | Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
プロメテウス子ちゃん