2007年07月26日

ビール売りの女の子に欲情(酔)

サントリー主催の「プレミアムモルツ-ドリームマッチ2007」ってのを観に東京ドームに行ってきたー!

もう、ビールサーブガールがかわいすぎて、試合よりビールサーブガールばっかり観てました。

ってか、凝視。

「ビールサーブガール」って勝手に呼んでますけど、あの、ビールのでっかい樽を背負って、よたよた歩いてるビールの売りの女の子の正式名称何て言うんだろ?

ふつーに表現するとして「ビール売りの女の子」だと思うんですけど、なんて呼ぶのが正しいのかな?

で、試合ですけど、欽ちゃん球団の試合みたく常に実況が場内に流れてて、笑える仕組みがたくさん組み込まれてて、かつ、名対決も用意されてて、試合自体がすごい洗練されてて驚きました。無駄がない感じ。

それと、村田兆治さんが、マサカリ投法でふつーに138km出してたのに驚きました。

去年のマスターズリーグのCMでも、「村田兆治の140km!」とか言ってましたけど、ふつーに135kmくらい出てた。なんなんだろ? もう57歳なのに。

ってか、村田さん毎日トレーニングしてんだろうな。でなきゃ、あんな速い球投げれないもんね。尊敬する。ふつーに尊敬するし、かっこいい。あんな57歳はかっこいいわ。

また、機会があったら、行きたい。もちろん、ビールサーブガール目当てで!
posted by やすだ at 02:04 | Comment(0) | 野球