2010年05月05日

写真印刷しまくりのPX-402 - エプソンのプリンタ買ってごきげん(後編)(しらふ + 酔)

前編からの続き)PX-402を買ってから写真印刷しまくり!

全然、写真を印刷するつもりはなくて、データ的な「モノクロ印刷」しかしない予定だったのに、試しに写真用紙を買ってみて、印刷してみたら・・・、超キレイなんだもん!

プリントするときの音が(許せないくらい)うるさくて、印刷品質を「キレイ」にすると、むちゃくちゃ遅いですけど(印刷品質を「標準」にすると速い / ってか、「標準」ってどういうこと? / 「若干、雑」ってこと?)、専用の光沢ありの写真用紙を使えば、超キレイに印刷できる!

何、このキレイさ! 素でびっくり! 今のプリンタの印刷技術すげー! ふつーに、写真じゃん!

これじゃあ、誰も、写真屋さんにプリント頼まないよね?

写真用紙の匂いを嗅ぐと(嗅ぐ必要ありません)変な匂いしますけど(これ、何の匂い?)、今は、ふつーに、家で写真を印刷できる時代なんだね。時代の流れ早すぎ。

前のBJFが壊れた、というか、調子悪くなり始めたのが、「純正インク」じゃなくて、「互換インク」を使い始めたことがきっかけだったので(実際はどうか分からないですけどそう感じて / 時期的に重なっただけかもしれません)、今度は、エプソンの「純正インク」だけを買うようにしてるんですけど・・・、インク、高っ! むちゃくちゃ高っ! 暴利!

しかも、すぐなくなる! インクの容器が小さすぎ! ってか、エプソン、インク代で、利益上げすぎ!

・・・と思いつつも、写真プリント楽しい〜! 楽しすぎる!

グラビアに、エッチなセリフを書き込んで、プリントしまくり!(やめろ! キモイ!

こんなかわいい娘が、こんな清純ぽいアイドルが、こんなエッチなセリフを、的な?(まじ、やめろ! 死んだ後にその「手作りのエロ本」的なものを発見されたら、どうすんだ! キモすぎる!

熱いの! 体が熱いの! 火照ってるの! 欲しいの! いっぱい欲しいの! 的な?(ホントやめて! キモッ! つーか、キモイを通り過ぎて、悪趣味すぎる! 生物としてダメ! 死んだ後に発見されたら、どうすんだよ! や、霊的なものになってから、必死に処分するつもりだけど、霊的なものになってから、どの程度動けるのか分からない・・・)

最近、気付いたんですけど、46シリーズのサッカーボールの「4色換えインク」(4色パック)は、コジマとかベスト電器とか西友(リヴィン)で見ても、統一価格の3,980円で、

「なんで、どこも同じ値段なの? ってか、高くない?」

って思ってたんですけど、何気に、アマゾンが一番安い! 送料込みでも全然安い! 3,245円!(2010/05/05現在)

なんで、アマゾンってこんなに安いの? 送料が別にかかってるはずなのに。しかも、メール便じゃなくて、佐川急便のおじさんが直接届けてくれるんだよ?

それなのに、実店舗より、700円以上も安いって、アマゾンの中で働いてる人って、ペリカ単位((C)カイジ)で強制的に働かさてる人たち?

アマゾン、怖っ!
posted by やすだ at 00:42 | Comment(0) | お買い物

2010年05月04日

排紙エラーのBJF - エプソンのプリンタ買ってごきげん(前編)(しらふ)

6年くらい使っていたキャノンのA3プリンタのBJF6600が壊れました。A3プリンタなのに、結局、1度もA3でプリンタしないままに故障。

ヘッドクリーニングしても、印字のかすれが直らなくて、ノズルチェックしたら、ノズル詰まりしてる部分がたくさんあって、「クリーニング → ノズルチェック → クリーニング → ノズルチェック...」って、やってたら、今度は、なぜか、排紙がうまくいかなくなって(※1)、「紙が排紙しきれてないぞ!」の

「ピッ、ピッ、ピッ!」

のエラーになって、

「いや、紙、ちゃんと出てるし・・・」

って、涙目になりつつ、最終的には、プリンタの電源入れるだけで(始動時の排紙処理だけで)

「ピッ、ピッ、ピッ!」

のエラーになって止まるようになりました。つまり、印刷不可。

色々調べていくと、「給紙」部分の紙送り(紙センサー?)のところをカッコンカッコンする(うまく説明できないですけど、紙を送るローラー部分を「カッコンカッコン」して、がんばれ!的に念を送る)と、紙をセットしない状態で、電源を入れると、エラーを検出せずに起ち上げって、その後、1枚だけ印刷できる状態になりました。1枚だけ。

1枚だけ印刷したら、また排紙エラーになって止まります。その1枚の印字もかすれてます。

「寿命だよね? これ、プリンタ寿命だよね?」

と考えて、BJFちゃんに悪いと思いつつ、新しいプリンタを買いました。

地元のコジマで買ったんですけども、コジマの店員さんは、やたら、キャノンを薦めてきて、どうしたもんかな?って思ったんですけど、BJFの壊れ方がひどかったのと(ふつーに、寿命だと思いますけど)、どうも、キャノンの御手洗(みたらい)会長が生理的にダメで(ま、生理的に「好き」っていう人はいなそうですけど)、かつ、エプソンのプリンタのほうが全然安いので、エプソンのプリンタを買いました。

スキャナも付いてる、一番、安いやつ!

PX-402!

買ったのが今年の2月(2010/02)なので、6,000円代でしたけど、この前、同じコジマで見たら、5,600円になってました。安っ!

換えインクの「純正の4色インク」(4色パック)が、家電量販店の価格で3,980円で、プリンタには、この4色インクとUSBケーブルが付いてるので、プリンタ本体の価格って、あってないものなんだな、と思いました。

携帯電話が本体価格じゃなくて、通話料で収益を回収するように、プリンタはインク代で収益を回収してる感じ?

やー、新しいプリンタ、イイ! 全然かすれない!(当たり前) 超キレイ!後編に続く)

※1
今思うと、ヘッドクリーニングを何度も行っていたので、インクが本体内部で飛び散って、排紙ができているか判断する排紙センサー部分に影響を与えて(おそらく、排紙センサーの上にインクが飛び散って真っ黒になり、常に紙があると判断される状態になり)、排紙が正しく判断できなくなったんだと思います。

本体内部を懐中電灯で照らして、何度も何度もキレイに飛び散ったインクを拭いたんだけども、肝心の排紙を判断してる箇所が最後まで分からず、直せませんでした。
posted by やすだ at 17:07 | Comment(0) | お買い物

2007年09月03日

レンジ上ラック組み立ててごきげん(しらふ)

「レンジ上ラック」をアマゾンで買ってみたー。

半年くらい前から、レンジ上ラックに目を付けてて、

「欲しいな、欲しいな! 買ったら、テーブルの上のスペース空くのにな!」

って思ってたんですけど、どうも買うふんぎりが付かなくて、ま、よくよく考えれば、写真集とかDVDに比べたら安いから、ふつーにさくっと買えばいいんですけど、どうも、なんか、そそる要素というか、むらむらする要素がなくて(当たり前)、買ってませんでした。

けど、

「エッチなDVDばっかり買ってる場合じゃなくね?」

って思い直してやっと買ってみましたよ。

届いてすぐさくっとできるもんだと思ってたら、プラスドライバーでネジネジしなくちゃいけなくて、組み立てるのに20分くらいかかりましたけど、できた瞬間すんごいうれしかった! すごい達成感! 下から眺めたり、横から眺めたり、広げてみたり、縮めてみたり!(伸縮タイプなので)

・・・って、全然、組み立て大変じゃないんですけど、なんだか達成感。

早速テーブルの上にあった、トースターと籠を置いたら、テーブルの上が超すっきり! いいんじゃない? レンジ上ラック。

同じ「レンジ上ラック」が近くのダイエーで2,480円、ホームセンターで1,980円だったので、送料を含めてもアマゾンが一番安いって、なんだか、実店舗は利幅とりすぎ!と思いました。ま、数百円の差ですけど。

posted by やすだ at 17:23 | Comment(0) | お買い物